よろっぷ Francophone

現役東大生よろっぷのフランス語勉強サイト

フランス語初心者に効果バツグン『仏検3・4級必須単語集』

      2016/03/05

仏検3・4級必須単語集

先月末、『仏検3・4級必須単語集』をついに終えました。

201の短文から1400余の必須語彙を修得。《仏検》の3・4級受験に学内テストに。付属CDを活用すれば聞きとりもディクテも対策は万全です。やさしい動詞活用のしくみ付き。

よろっぷは、フランス語検定3級をすでに持っています。1年半ほど前に仏検をとったのですが、この単語集は4級の途中までしかやらずに受かりました。

なんだ、カンタンじゃん、と。調子に乗っていたのですね。

しかし先日、台湾で会ったフランス人男子2人組との会話のなかで、フランス語の語彙不足を痛感するはめになり、

「え?travail?英語のtravelと同じ意味だっけ?」という失態をおかしました。

(※ travail=仕事)

ふたたびこの単語集『仏検3・4級必須単語集』を勉強する運びと相成ったわけでございます。

仏検を取得していて『仏検3・4級必須単語集』をあなどっていましたが、効果はとても大きく、今回の記事でオススメしたいと思います。フランス語初心者には本当にいい単語集です。

1. 『仏検3・4級必須単語集』とは?

フランス語検定3・4級対策にピッタリの単語集

『仏検3・4級必須単語集』は、フランス語検定用の単語集です。フランス語検定で出題されやすい単語にしぼって暗記できます。

もちろん、フランス語検定にかぎらず、基礎単語を覚えるのにもいい教材です。

構成

『仏検3・4級必須単語集』の構成は、1つの例文に対して暗記単語を複数盛り込む形をとっています。

1文覚えるだけで重要単語を複数習得できる効率のいい教材です。

対象者

対象者は、以下のような人です。

  • フランス語初心者
  • 基礎的な単語集がほしい
  • 仏検3〜4級を目指している
  • 英単語集の『DUO3.0』が使いやすかった

 

2. 『仏検3・4級必須単語集』のオススメポイント

『仏検3・4級必須単語集』のオススメポイントは、以下の4つです。

  1. 効率がいい
  2. 大量のフランス語例文
  3. 初心者にいい難易度
  4. CDが付属する

以下、順に紹介します。

 

3. オススメ1:効率がいい

1つのフランス語の文に、重要単語が複数

おすすめポイント1つ目。

『仏検3・4級必須単語集』では、1つのフランス語の見出し例文に対して、3〜5個程度の単語が織り込まれています。

例えば、以下の例文。

Elle est la plus intelligente de la classe.

この文では、plus, intelligent(e), classe の3つの単語について深く取り上げ、それぞれ単語の意味ごとに例文を掲載しています。

つまり、1つの例文を覚えるだけで3つの単語の暗記になってしまうのです。

超人気単語集『DUO 3.0』のフランス語版みたいなもの

これは、超人気英単語集『DUO 3.0』のフランス語版みたいなものだと言えるでしょう。

『DUO 3.0』も1つの例文に複数の暗記単語で効率の良さを売りにしていますが、実はフランス語の単語集は仏検用で同じモノがあったわけです。

フランス語をムダなくすっきり覚えたい初心者にとって、これほどおすすめな単語集はないのではないでしょうか?

4. オススメ2:大量のフランス語例文

見出し文+単語別例文で、フランス語の文を大量に浴びられる

おすすめポイント2つ目。

先ほど、『仏検3・4級必須単語集』では例文ごとに単語が複数のっていて、その単語の意味・用法ごとに例文をさらに掲載していると書きました。

意味・用法が多いplusにいたっては8つもの例文がのっているのです。1つの例文+単語別例文で、フランス語の文を大量に浴びられる効果は大きいと思います。

フランス語に限らず、外国語の語彙量を増やす上で『例文をいかに多く浴びたか』は大切な指標となります。

オススメポイント3つ目。

『仏検3・4級必須単語集』では、タイトルのとおり仏検3・4級対策に適した単語が網羅されています。

『むずかしい単語』と『カンタンな単語』が、ほどよく織り交ぜられているところがオススメです。

むずかしい単語ばかりだと、進みませんよね?

むずかしい単語ばかり載っている単語集を買ってみたはいいものの、分からないことが多すぎて続かない、挫折してしまう。。。なんてことはありませんでしたか?

知らない単語ばかりだと、語彙量をいっきに増やせるから効率が良さそうですが、学習が続かないために『逆に効率が悪く』なってしまいます。

『仏検3・4級必須単語集』では、仏検4級→3級とステップ別にしたうえで、難しい単語とすでに覚えた単語・カンタンな単語をうま〜くまぜてくれているため、ムリなくストレスなく勉強できます。

フランス語の基礎的な単語の復習にもなる

この記事の冒頭で、私がフランス人との会話のなかでテンパって、基礎単語travailもド忘れしてしまった話をしました。

基礎単語の復習は、フランス語でもとても大切なことだと痛感しました。

『仏検3・4級必須単語集』では、前に出てきた重要な基礎単語が見出し例文中にふたたび登場し、『前の○○ページにありましたよ〜』ということを教えてくれます。

コレ1冊で、基礎単語を何回も復習できてしまうということです。フランス語初心者向けに最適だと言えるでしょう。

6. オススメ4:フランス語に欠かせないCD付き

CDが付属!発音がむずかしいフランス語学習に優しい

オススメポイント4つ目。

『仏検3・4級必須単語集』にはCDが付属しています。語学において、発音は切っても切れない大切なポイント。フランス語初心者だけでなく、独学の中級者なども、ここで一度発音を見直しておくといいかもしれません。

フランス語は発音がとても大切

私は基本的にはフランス語は独学です。しかし、会話上、あまりにもフランス語の発音が難しく感じたので、大学の授業でフランス人の先生による会話の授業を1年半取りました。

今では、旅行先で知り合うフランス人や、日本にいる観光客のフランス人と話したときに、『なんでそんな発音いいの?!』と驚かれること必至です。ここまでくると楽しいですね。

発音が難しいからこそ、できないと通じない。英語はグローバル化によって逆にローカル化が進んでいる状態といえるので、発音が悪かろうと聴き取れる人が増えている気がします。

しかし、フランス語は話者が英語に比べて少なく、やはり発音を大切にする必要があると言えるでしょう。

『仏検3・4級必須単語集』を使えば、発音をしっかりと学べます。

CDは2回読み。フランス語→日本語→フランス語(ゆっくり)

『仏検3・4級必須単語集』の付属CDは、1つの例文につきフランス語が2回読まれます。

フランス語→日本語→フランス語(ゆっくり)

の順番です。

間に日本語が入っているため、一度本を読んで覚えた例文であれば、日本語を聴けば単語ごとに意味をおさらいできる点もおすすめです。

2回目ゆっくりver.のフランス語で、発音を直す

2回目ゆっくりver.のフランス語で、発音をよく聴き、自分の発音を丁寧に直すことができます。

ポイントは、口の形や息づかい、舌の使い方や位置がどうなればそのような発音ができるのかを意識しながら聴き、シャドーウィングして発音することです。

フランス人教師にも、口の形をとにかく矯正されました。

どこ?という意味の疑問視 Ou? なども、しっかりと口をとがらせる発音なんですね。

おっさんのキス顔みたいな口と向き合い続けるのはたいへんでした。。。笑

Itunesに入れると、タイトル=例文だから移動中もテキスト無しで復習できる!

『仏検3・4級必須単語集』の付属CDをItunesで取り込むと、各トラックのタイトルが例文通りになります。

そのため、iPodやiPhoneに入れて電車の中や移動中に聴けば、

「あれ、このスペルなんだっけ?」

となってもタイトルを見て復習できてしまいます。

移動中の勉強にも最適。そういう意味でも『仏検3・4級必須単語集』はおすすめです。

 

7. まとめ

『仏検3・4級必須単語集』のオススメポイント

 

  • 効率がいい
  • 大量のフランス語例文
  • 初心者にいい難易度
  • CDが付属する

以上、長くなりましたが、『仏検3・4級必須単語集』のおすすめポイントをまとめてみました。

フランス語初心者はコレ一冊をやりこめば間違いなくレベルUPできるので、ぜひ試してみてください。

『仏検3・4級必須単語集』を終えた人は、つぎはこちらの『仏検 準1級・2級必須単語集』をどうぞ!たいへん効果的な参考書です!

『仏検準1級・2級必須単語集』終了!1冊でフランス語大幅レベルアップ - よろっぷ Francophone

 

執筆者:よろっぷ

あわせてこちらもどうぞ
フランス語会話の「基礎」をたった3ヶ月でつくる方法と教材 - よろっぷ Francophone

オススメ記事一覧

 - フランス語 検定(仏検)